人形劇 河の童(かわのわっぱ) 5月23日(土)13:30開演 犬山市民文化会館 大ホール

人形劇 河の童(かわのわっぱ)犬山

人形劇「河の童(かわのわっぱ)」

みんなそれぞれ、見えている世界は、バラバラだ。
「共生」をテーマに、様々な違いを超えて、真に共に生きる世界を考えてみませんか?

河童は、のんびり、平和にくらしています。井戸は自分の井戸で、鯉やゲンゴロウ、蟹なんかと一緒に、ゆったりゆらゆら。水はキラキラ輝いていて、世界は、そこにすべてがあります。たりないものなんてどこにもなくて。
にんげんに会うと、攻撃されたりするので、なるべく会わないようにしています。でもにんげんの小さいの、こどもと遊ぶのは大好きなので、たまに相手をしてやります。村に雨が降らなくなったある時、にんげんたちは、それを河童のたたりだと考えて・・・。
河童とこどもたち、そしてある少女との交流、おとなになったにんげん達と河童をめぐる物語。

河童といえば、日本人にとても親しみのある「あやかし」ではないでしょうか。ときには、川に馬や人間をひきずりこむといういたずらな存在として、また、ときには、畏れ敬われる、神様のようにも描かれています。地域によってもさまざまな伝説や言い伝えとして、受け継がれてきました。 今回デフパペットでは、河童と人間とのすれ違いや、河童にとっての大切な世界を丁寧に描いて、異なる世界に生きている河童と人間に焦点をあて、「共にいきるとは」その本質に迫ります。「デフ・パペットシアター・ひとみ」だからこそできる表現の可能性に迫りました。ぜひご期待ください。

  • 出演/デフ・パペットシアター・ひとみ
  • 脚本・演出/立山ひろみ 原作/火野葦平「河童曼陀羅」国書刊行会
  • 美術/本川東洋子 舞台美術・衣装デザイン/大島広子 作曲/佐藤望
  • 振付/向雲太朗 照明/後藤義夫 舞台監督/榎本トオル 宣伝美術/片山忠蔵
  • 後援/(一財)全日本ろうあ連盟/NPO法人日本ウニマ(国際人形劇連盟日本センター)
  • 企画制作/(公財)現代人形劇センター

デフ・パペットシアター・ひとみ

デフ・パペットシアター・ひとみは、ろう者(deaf)と聴者が共に創作~講演活動を行う人形劇団です。「ひょっこりひょうたん島」でおなじみの人形劇団ひとみ座を母体に1980年に結成しました。「すべての人に人形劇を」のコンセプトのもと、年齢や性別、母語、宗教の違いや身体のハンディを超えて、すべての人が楽しめる人形劇の創作、公演活動を続けています。

デフ・パペットシアター・ひとみサイト

■マンガでわかる!ろう者と聴者ってなに?

開催日時

日時
2020年5月23日(土)
13時30分開演(13時開場)~14時50分終演
場所
犬山市民文化会館 大ホール
名鉄小牧線「羽黒」駅下車徒歩7分
チケット
指定席(税込)2月21日より一般発売開始
一般 1,000円 
こども(3歳~中学生) 500

※3歳未満ひざ上鑑賞可。ひざ上での鑑賞は十分ご配慮ください。
 但し、3歳未満でも席が必要な場合はチケットをご用意ください。

チケット取扱い

■チケットぴあ
PC・スマートフォンから購入
チケットぴあ TEL:0570-02-9999 (Pコード:500790 )
※全国のセブン-イレブン、ファミリーマート(取引のみ)、ぴあの店舗でもご購入頂けます。
※チケットは2020/2/21(金) 10:00~発売となります。
チケットぴあ
お問い合わせ
ココトモカレッジ金山駅前校
メールで問い合わせ:メールフォームはこちら
電話で問い合わせ:052-684-8666

犬山 人形劇 河の童(かわのわっぱ)

アクセス

〒484-0895 愛知県犬山市羽黒摺墨11 犬山市民文化会館大ホール

■お車でお越しの場合
名濃バイパス/国道41号から南新田(交差点)を東に向かい、県道192号 に入って約1km
駐車場あり
■電車でお越しの場合
名鉄小牧線「羽黒」駅下車、北に徒歩7分
主催
犬山「河の童」実行委員会/公益財団法人現代人形劇センター
共催
一般社団法人障がい児成長支援協会
後援
犬山市役所犬山市教育委員会株式会社名鉄スマイルプラス
協力
株式会社ネットアーツ株式会社まなぶ株式会社ココトモファーム
  • 名鉄スマイルプラス
  • 障がい児成長支援協会
  • ネットアーツ
  • HUG・児童発達支援・放課後等デイサービス向け施設運営システム
  • 就労移行支援ココトモカレッジ金山駅前校
  • まなぶ
  • 放課後等デイサービス ココトモ
  • ココトモファーム