2022年03月28日

3月で晴れて就職されたご利用者様の声をいただきました☆【卒業ブログ】

3月で晴れて就職されたご利用者様の声をいただきました☆【卒業ブログ】
3月も終わりに近づき、いよいよ桜の咲く季節、皆様如何お過ごしでしょうか?
今回はココトモカレッジに通いながら就労へと繋げられたご利用者様を紹介させていただきます。ご利用者様の声を聞いて就労移行支援事業所を探されている方は参考にしてみては如何でしょうか?


◇ココトモカレッジに入所していただいたきっかけと最終的に選ぶ決め手となった理由を教えていただけますか?

ハローワークからの紹介がきっかけです。もともと通所前に職業訓練校に2ヶ月通い、そこで初めて就職や障がい等の相談をしたことで「誰かに相談することが大切」だと気づきました。そのため、事業所を選ぶときも職員に相談しやすい雰囲気かどうか、利用者さんとも話しがしやすい雰囲気かで選びました。ハローワーク、地域の相談員さん、ココトモさんで相談窓口のバランスもよかったです。



◇入所する前に不安だったことは何ですか?その後、通所してみて良かったと思えること、また自分自身が入所前と変わったと思う部分はありますか?

失業手当の期限からタイムリミットが決まっていたのでそれまでに就職できるか、また障がい者枠での就職イメージが沸かず、すべてが初めてだったので通所してクリアになるのか不安はありました。またブランクから体調面の不安もあったのですが夏場に職業訓練校に2ヶ月通ったことが少し自信にはなっていたと思います。

通所してみて相談しやすい雰囲気はもちろん、講座の内容もPCスキル、オフィスでの対人スキル、アサーション(相手を尊重しつつ自分の意見を伝えるコミュニケーション方法)など、どれも面白くためになりました。

最初にうつになった10年前にリワークを利用したのですがその時の内容と重複していることもあり、あらためて就労に必要なことなのだと理解できました。

逆にSST講座(社会の中で暮らしていくためのスキル)は苦手意識がありました。しかし、10年前と違ったのは発達障がいの認識があったので、SSTが苦手なのではなく、「ルールを覚える・短期記憶が苦手」なのだと特性を切り取って捉え、自己理解につなげることができました。

他にも発達障がいに特化したKaienのプログラムや書籍からも学ぶことで、なぜ苦手なのか理由がわかり腑に落ちて楽になりました。うつになった後、社会人経験をつみながらずっと原因がわからずモヤモヤしていましたが、発達障がいと診断をうけることで霧がはれていったことを覚えています。今後実生活や仕事場でも対処できていけるかを意識しながら取り組んでいきたいです。


◇ココトモカレッジに通って今まで自分で取り組んだプログラムは何ですか?

自分の特性理解を深堀りしていくと、発達障がいの事例をたくさん見る機会があったのですが、過去にあったこととリンクして、今まで自分が感じていたモヤモヤの理由がわかったのが目からうろこでした。あくまで自分の癖として認識していたので、些細なことでも驚きにつながり、自己理解することに夢中になりましたね。具体的な対処法は就活のときに色々考える機会があるので、まずは自己理解をすることが大切だなと思います。

あと、デザインのスキルアップに関心があったのでIllustratorの学習も時間を見つけては取り組みました。Excelもチャレンジしましたが、知らない機能がたくさんあり、学ぶことがだんだんと面白いと感じましたね。でもプログラムの内容以上に相談のしやすさが一番大きかったと思います(笑)。


◇就労に向けて取り入れていた生活習慣はありますか?

生活リズムを整えるためにココトモカレッジに通所、その後就活の段階では勤務時間を意識しながらそれを前提に起きる時間、寝る時間を乱さないために休日をどうするか考えました。そこでギリギリまで寝ることをしない、家族の生活習慣にもあわせて朝の支度もしていきました。仕事が決まってからは、仕事の時間に合わせて生活のサイクルも調整中で時間帯に合わせた電車で通勤練習もしています。

これからストレスになることが仕事だけでなく、満員電車やスーツの着用なども加わってくるので、家族とも話し合いながら生活習慣はステップアップしていきたいですね。そういった準備の大切さに気づけたのも周りに相談する人を増やしたことが大きかったと思います。違う角度でのアドバイスで気づきが増えました。普通なら選択肢が増えると迷うことも増えるのですが、「自分の考えを補える」とプラスに捉えられたのもよかったと思います。

なので、ぜひみなさんにも「たくさんの人と相談できる窓口を増やす」ことをおすすめしたいです。

障がい者枠で特性を伝える際に「最初は短所のような書き方」で自分のやっている就活が正しいのか、自分の状態がわからなくなったことがありました。でも周りにたくさん相談することで、周りから見た自分の状態を知ることができ、リフレーミングでプラスに捉えたり修正できたのがよかったです。



◇企業を探す際に気を付けていた事や就職活動の心構えをお聞かせください?

自分は3つのステップで就活を行いました。

まず最初のステップでは障がい者雇用がイメージできていなかったので、最初はまったくわからない中でもまずは企業説明会、合同面接会に参加しようと思いました。そうすることで障がい者雇用に積極的な企業様の姿勢を知ることができ、面接の時にどういった問答をするのかわかったのが大きかったと思います。

2つ目のステップではネットを活用しながら、関心のある企業に応募をしていきました。この時に履歴書の書き方や自分の特性を理解しながら伝える書き方、志望動機も固まっていきました。しかしなかなか面接までたどり着けず、苦労もしました。

3つ目のステップではハローワークからアドバイスを受け、「面接まで進める可能性の高い求人に絞ったほうがいい」と勧めていただいたものを応募していきました。ハローワークの良いところはそこでしか聞けない裏話、求人の条件などを事前に聞くことができたのでぜひ皆さんにも活用をおすすめします。

私の場合、年齢だけでなく職務内容の経験やアピールできるスキルが無かったので、面接の場で障がい者枠を意識して「仕事で必要なコミュニケーションが取れること」「健康面」をたどたどしくなってもいいから誠意を持って伝えることにしました。またそれができるようなマインドをつくることを普段から心がけました。結果的に企業様もその点を重要視されていましたので話しもしっかりと聞いていただけたと感じます。

就職活動をするにあたり心がけたことは「書類選考で通らなくても落ち込むマインドにならない」よう意識しました。落とされることは自分のせいでなく「ミスマッチだった」、周りに話し1人で抱え込まないようにと切り替えましたね。



◇最後に今後の目標を教えてください。

まずは仕事をそつなくこなしたいと思います。不安なことがあったらすぐ相談できるよう、相談窓口も増やしていきたいです。長く働いていく上でオンオフの切り替えも大切ですし、人生のモチベーションを持ち続ける上でもプライベートでデザインなど趣味でのやりがいも見つけていきたいですね。
 

ご協力ありがとうございました!!

------------------------------

無事に就職が決まって卒業を迎えられた訓練生の卒業ブログでした。本当におめでとうございます☆通所されてから「障がい理解、自己理解」を通してご自身の強みをしっかりと見つめ直されました。一人で抱え込まず、様々な相談窓口をつくることは、今後仕事を続けていく上でとても大切になりますね。プライベートも充実させて人生を楽しまれる姿を応援したいと思います!

このように就労移行支援事業所であるココトモカレッジでは就労を目指されるご利用者様のサポートをしながら日々社会への耐性作りを目指してコミュニケーション能力やPCスキル等、様々なプログラムに取り組んでいます。

支援内容、またプログラムについて詳しく知りたい方は一度お気軽に見学や相談をしていただければと思います。何か気になる点がございましたらまずは遠慮なくお問い合わせ下さい。お待ちしております!
 


2021年09月22日

9月で晴れて卒業を迎えられたご利用者様の声をいただきました☆【卒業ブログ】

9月で晴れて卒業を迎えられたご利用者様の声をいただきました☆【卒業ブログ】

9月も終わりに近づきようやく秋の足音が聞こえて過ごしやすい季節になってきましたね。皆様如何お過ごしでしょうか?
コロナ感染も再度拡大していて早く落ち着いた生活を取り戻したいですね。こんにちは。ココトモカレッジスタッフです。
---------------------------------------
今回はココトモカレッジに通いながら就労へと繋げられたご利用者様を紹介させていただきます。明るく積極的に頑張って来られたご利用者様の声を聞いて就労移行支援事業所を探されている方は参考にしてみては如何でしょうか?


◇就労移行支援(ココトモカレッジ)を利用されてからどのくらい経ちますか?

2020年11月頃から利用したので、ほぼ1年です。

◇ココトモカレッジに入所していただいたきっかけと最終的に選ぶ決め手となった理由を教えていただけますか?

2020年に発達障害の診断を受け手帳を取得しました。障害者枠での転職を考えたとき、Kaien就労移行支援事業所について知りました。名古屋市内の就労移行支援事業所の中から3所選び見学・体験利用をした結果、その中でPCスキルやデザインを学ぶことができ、Kaien地域パートナーシップでもあったココトモカレッジへ入所を決めました。


◇入所する前に不安だったことは何ですか?その後、通所してみて良かったと思えること、また自分自身が入所前と変わったと思う部分はありますか?

不安だった点は、他に見学に行った事業所に比べて利用者が少なく見えたことでした。ただ、利用者の中にはコロナの影響で通所でなく在宅支援にて参加している方もいたため、ソーシャルディスタンスを保ちやすいとも感じました。

良かった、変わったと思う点に、会話への苦手意識が改善されてきたと感じたことがあります。障害特性もあり、過去には業務で報連相や質問をする時など自分から話しかけることが苦手でしたが、日々のカリキュラムや職場実習などにより変われたものだと思います。スタッフの方からも改善されてきたとコメントも頂きました。
 

◇ココトモカレッジに通って今まで自分で取り組んだプログラムは何ですか?

実務訓練としてIllustrator・Photoshopを使用し、ネットアーツ様の2021年賀状デザインを作成、放課後等デイサービスパンフレットに掲載するための案内地図作成をしました。その他にはHTML・CSSにてWebページ編集業務の他、職場実習として事務業務も行いました。

資格ではMOSのExcel2016を取得しました。
 

◇就労に向けて取り入れていた生活習慣はありますか?(体の為に行っている事)

基本平日は午前午後と通所するようにして、生活リズムを維持することに気を付けていました。

その他最近では軽い筋トレやストレッチを行うようにしています。
 

◇企業を探す際に気を付けていた事や就職活動の心構え、また面接の際に気を付けた事はありますか?

探す際には、「あまり無理しない」ことを心掛けました。今までの就職、転職では、普通の人と同じような働きができないのなら出来るように無理くらいしないのは社会人として甘えだと(いうような事を職場で言われたこともあり)思っていました。しかし発達障害ということに気づいた他、そのように無理をしても継続していけないのであれば意味がないので、通勤時間や残業時間などについては自分でもできそうで、障害者雇用の実績や理解がある企業の求人を探しました。
 

◇最後に今後の目標を教えてください。【就労に際しての短期目標でも長期目標でも構いません】

早く仕事に慣れ、長く勤務できるようにしたいです。また、不安要素やトラブルが起こりえそうな時などは自分から周囲に報連相や助けを求められるようにしたいです。
 

ご協力ありがとうございました!!

------------------------------

無事に就職が決まって卒業を迎えられた訓練生の卒業ブログでした。本当におめでとうございます☆ご本人様は本当に訓練や実習にも積極的に取り組まれ、就活も書類選考、面接で挫けず何度もチャレンジした結果として今回の就職を決めることが出来ました。

報告会ではハローワークを活用した就職活動について訓練生にも参考になる就活必勝法を共有いただきました。このようなコロナ禍で大変な時代でも前向きに自分と向き合いながら一生懸命取り組んでいけば希望就労も可能という他ご利用者様にとっては身近な希望となりました。

このように就労移行支援事業所であるココトモカレッジでは就労を目指して頑張っているご利用者様のサポートをしながら日々社会への耐性作りを目指してコミュニケーション能力やPCスキル等、様々なプログラムに取り組んでいます。

支援内容、またプログラムについて詳しく知りたい方は一度お気軽に見学や相談をしていただければと思います。何か気になる点がございましたらまずは遠慮なくお問い合わせ下さい。お待ちしております!


2021年04月14日

【課外活動】3月29日(月)桜の植樹体験イベント☆

【課外活動】3月29日(月)桜の植樹体験イベント☆

皆様こんにちは。2021年に入って早3か月が経ちましたが如何お過ごしでしょうか?今年は暖かくなるのがとても早い印象ですね。花粉も本格的に飛散し始めてずっと辛いココトモカレッジスタッフです。
------------------------------
2021年3月29日(月)。課外学習として桜の植樹イベントに計17名で参加しました。このイベントは元々グループ会社であるココトモファームの企画で一般の方も交えて愛知県犬山市に食用桜(大島桜)を植樹するというイベントです。(詳しくはhttps://www.cocotomo-farm.jp/をご参照下さい。)

当日は晴天に恵まれて太陽の日差しを感じながら作業をすることが出来ました。土を触りながらの作業はとても新鮮で時折土の中から春を告げる昆虫が出てきたり綺麗なお花が咲き始める中で普段の生活では味わえない貴重な体験となりました。

特にカエルが土の中から飛び出てきた時には好きな方は喜ばれますが苦手な方にとっては悲鳴に変わったりと色々な感情の中で楽しく作業が出来ました(笑)。皆様の笑顔も多く有意義な時間を過ごす事が出来ました。

【課外活動】3月29日(月)桜の植樹体験イベント☆

普段のココトモカレッジは室内でのプログラムがメインとなります。今回のように外に出て身体を動かす作業は新鮮かつとても楽しかったというご利用者様の声も多くいただきました。

ご利用者様も適度に汗をかきながら一生懸命作業をされていました。なかなか体験できない機会に触れることで職業や職種の幅も広がっていきますしとても貴重な体験になりました。

ココトモカレッジでは昨年にBBQを開催して今回は植樹イベントと課外活動も随時行っていく予定です。

このように就労移行支援事業所であるココトモカレッジでは、ご利用者様が就労に必要なスキルや社会性を身に付けるための様々な実習を順次開催しながら日々取り組んでおります。

支援内容、またプログラムについて詳しく知りたい方は一度お気軽に見学や相談をして頂ければと思います。何か気になる点がございましたらまずは遠慮なくお問い合わせ下さい。お待ちしております!


2020年11月04日

ココトモファームで秋の収穫を味わう

ココトモファームで秋の収穫を味わう

みなさまいかがお過ごしでしょうか、ココトモカレッジ訓練生の伏見です。

当事業所に入所してから4か月が経とうとしています。マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)の資格取得を目指しながら、Word・Excelを使用して様々な成果物を作成しています。また、SSTの講座に参加しながら就労に向けてプログラムに取り組んでいます。

------------------------------

さて、今回は先日ココトモカレッジで行われた課外活動について紹介していきたいと思います。

まずは事業所からハイエースに乗って犬山へ出発します。以前私が農業体験で犬山に行った際には移動中に上空で自衛隊の飛行機がたくさん飛んでいたのですが、今回は見られませんでした。運がいいとたくさん飛行機が見られます。私は飛行機が好きなので、うれしい偶然に遭遇する時もあります。

犬山のレクリエーション施設であるココトモの森に到着したら、さっそく準備です!

今回私たちは、ダッチオーブンでカレーを作り、釜でご飯を炊きました。料理はカレーだけではなくスペアリブも用意されていました。

激しく燃えています。

ココトモファームで秋の収穫を味わう

釜で炊くご飯は中火で沸騰するまで火にかけて、沸騰したら九分ほど弱火で加熱し続けて炊くそうです。この日は風が強く、ガスコンロの火が消えてしまうハプニングもありましたが今回のご飯はおいしく炊けました。今回はココトモファームで取れた二種類の新米「ヒノヒカリ」と「あいちのかおり」が用意されていました。採れたてなので、間違いなくおいしいです!

ココトモファームで秋の収穫を味わう

そうこうしているうちにどうやらカレーができたようです。

おいしそう、いただきます!

ココトモファームで秋の収穫を味わう

カレーやスペアリブでおなか一杯になってなんだか眠くなってきたころですが、まだ眠ってはいけません。今日の一番の目玉が残っています。こちらです。

ココトモファームで秋の収穫を味わう

じゃん。

 

これは農業用のドローンで、一台〇百万円もする畑に農薬や肥料をまくための特殊なドローンです。

今回はこれを特別に飛ばしてもらって、農業の現場でどのようにドローンが使われているのかを見学しました。小さな撮影用ドローンも用意されていたので、そのドローンから農業用ドローンを私自らが操縦体験をしながら撮影もしました。大迫力でした。

そのほかにも、レクリエーションで皆さん思い思いに楽しみました。肌寒い一日でしたが、皆さんと暖かい時間が過ごせてとても楽しかったです。ごちそうさまでした!

--------------------------------

訓練生・伏見さんのブログでした。ありがとうございました!とても上手に書けました!伏見さんの個別プログラム学習は資格取得という目標を継続しながら多岐に渡って様々な学習を進めていて、いつも意欲的に取り組まれています。講座にも積極的に参加して就労に向けての耐性作りもしっかりと出来ております。これからも頑張りすぎないように取り組んでいきましょう☆

このように訓練生の方々はそれぞれが目標に向かって取り組まれています。どのような取り組みをしているのかも含めてココトモカレッジにご興味をお持ちいただいた方は遠慮なくお気軽に問い合わせて下さいね。


2020年10月21日

ココトモカレッジ訓練生による忖度なしの農業体験記!

ココトモカレッジ訓練生による忖度なしの農業体験記! 天高く 馬肥ゆる秋の雲一つない空の下、
みなさんいかがお過ごしでしょうか?こんにちは!ココトモカレッジ訓練生 中川です。
------------------------------
さて、私は普段ココトモカレッジにて自習訓練やSSTなどを行い、就職を目指しておりますがこの度初めて、課外活動の農業体験へと行ってまいりました。

初参加時の私が伺った際に行っていた作業は、籾摺り作業でした。

ココトモカレッジ訓練生による忖度なしの農業体験記! 生産者の作業場へお邪魔して直々に籾摺り作業の工程を一通り説明して下さいました。工程もそうですが、その中で出る籾殻などを袋一杯にした後にパレットに乗せていくという重労働は、その大変さを感じさせるものでした。

普段から自分たちが食べているお米などは、こうやって作られているのだなと思うと頭の下がる思いでこれからはしっかり味わって食べようと思ったほどです。

生産者の方にお世話になったあとは、ココトモファームへ見学に行きました。ココトモカレッジの管理する畑や田んぼのある今井地区を一通り見させていただきました。釣り人に人気のある入鹿池や、鷺、田園風景などを撮影するために少し散策見学をしました。

次に同じくココトモファーム内にあるレクリエーション施設「ココトモの森」という場所まで行き昼休憩をしました。

スタッフと参加者の3人で語り合いながら自然の中での休憩はとても楽しかったです。

昼休憩終了後はスタッフに案内されて森の奥深くへと進んでいく探検タイムです。

私は二回参加して初回メンバー、2回目のメンバーと参加者は違いましたが、同行スタッフの行動がほとんど同じだったのには笑えました(笑)幼少時代に森へアスレチックなどをしに行きましたが、やっぱり懐かしさからか自然豊かな池や空気に触れたことですごく癒されました。

癒されたと言えば、どんぐりに驚いたスタッフの姿、蜘蛛の巣を払うために懸命に腕を振りながら進む姿もまた別の意味で癒されました(笑)

ココトモカレッジ訓練生による忖度なしの農業体験記!

その後はカレッジ畑にて草抜き体験をしました。

気温の関係上、涼しくなってきたとはいえまだまだ残暑が厳しかったのですが頑張って草を抜きました。のちに草に負けて至る所がかゆくなることも知らずに・・・(笑)、作業に没頭していました。次回は皮膚を出さないような恰好で挑戦したいと思います。

ココトモカレッジ訓練生による忖度なしの農業体験記!

犬山市街地の見学では犬山市自体がまったくの初めてということもあり、とても新鮮でした。

風情のある犬山城下町を一通り見学しながら犬山城へ到着です。

その風景は小さい城ながら、昔の大名もここから一望したのかと思うととても感慨深いものを感じました。城から見えた木曽川では鵜飼いの所へとトンビがやってきたかと思うと鵜飼いの方が投げた魚を上手にキャッチするといった場面に出くわすことができました。

ココトモカレッジ訓練生による忖度なしの農業体験記!

2回に渡って参加した農業体験を通して普段できない作業をどんどん経験したいと思いましたし、その他の課外活動にも積極的に参加して行きたいです。
------------------------------
訓練生・中川さんのブログでした。ありがとうございました!「ブログを書く」事を通して実務に慣れながら書き方も意識して記事にする事が出来ました。実際の現場、特に事務関連のお仕事では文章として書き出す、また纏めるといった作業が多くあります。こういった取り組みも含めて日々のプログラムの中で社会への耐性を作っています。

次回は訓練生・徳重さんのブログを載せたいと思います。宜しくお願い致します。




カレンダー
«   2022年09月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最新の記事

カテゴリ

月別の日記一覧

  • RSS
  • RSSとは


タグ一覧

ココトモカレッジ
〒460-0022
名古屋市中区金山一丁目9-19ミズノビル7F
TEL:052-684-8666
https://www.cocotomo-college.com/


投稿者一覧


ご相談・お問い合わせは下記までお気軽にご連絡ください※ご家族・保護者・関係者様からの相談もお待ちしています。

お電話でお問い合わせの方
すぐに問い合わせしたい方に。ちょっとした質問・相談もお気軽にどうぞ。
052-684-8666
営業時間9:00~18:00
(日曜日・年末年始を除く)